【Q & A】無光触媒エアリナ よくあるご質問

無光触媒エアリナにつきまして、よくあるご質問をまとめましたのでご覧ください。

よくある質問でも疑問が解決しない場合は、どうぞお気軽にお問い合わせフォームよりご相談くださいませ。

◇関連リンク:お問い合せフォーム

Q.アルコールや次亜塩素酸の消毒と何が違うんですか?

A.アルコール消毒や次亜塩素酸による消毒は、いまそこに存在する菌やウイルスを撃退するのには大変有効な手段です。しかし、持続効果がありませんので、1日に何度も、定期的に消毒作業を実施する必要があります。無光触媒エアリナは、吹き付けたところがずっと除菌効果を発揮し続けますので、日々の消毒の手間や経費が削減できます!

Q.よく目にする光触媒とは何が違うんですか?

A.光触媒とは、酸化チタンや二酸化チタンが紫外線に当たると反応し、抗菌作用が励起されることを用いた方法です。一方の無光触媒エアリナは、光や紫外線に当たることなく、暗闇の中で作用が発揮されます!したがって、普段日の当たらない場所や電源のない場所にも施工できる大きなメリットがあります!

Q.光触媒とは何ですか?

光触媒とは、光が当たることによって酸素や水酸基を出し、空気中の有害物質などを分解・無害化する技術です。

Q.エアリナは光の当たらない場所でも効果があるのですか?

エアリナは、暗所対応型・抗ウイルス新チタン・コーティング・テクノロジーである無光触媒です。酸化還元・反応効果で、光が当たらない場所でも効果が出ます。リンの自然発火現象の原理で、暗所でも分解作用が生じます。

Q.人体への影響はありますか?

酸化チタンの結晶自体は、人体には無害です。人体には反応しません。酸・アルカリに侵されない物質です。食品添加物としても認められています。

Q.汚れはどうやって掃除すれば良いですか?

性質上汚れは付着しづらいのですが、汚れが気になる場合は、濡れた布で表面の汚れを軽く拭き取ってください。あまり強く擦ると、効果が薄れてしまう恐れもあります。

Q.内装にコーティングすると、どのような効果がありますか?

シックハウス症候群の原因とも言われいる家具や壁紙などの接着剤に含まれるホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエンなどの有害物質を分解除去します。また、抗菌・抗ウイルス効果も高く発揮されるだけでなく、ペット臭や生ごみなどの不快な生活臭も分解し、空気清浄化によって快適な住空間が得られます。

Q.持続期間はどのくらいでしょうか?

最終素地の上にコーティングしますので、塗布する素地の耐久年数に準ずるとお考えください。室内の場合はUV劣化などの影響を受けにくいので、3年前後とお考えください。埃などが被ると効果が落ちる場合があります。

Q.消臭効果は、どんな臭いにも効きますか?

取れない臭いはほとんどありません。日常生活上の匂いなら、まず消臭できるとお考え下さい。

Q.なぜ臭いがなくなるのですか?

無光触媒の表面積は、1gで約300㎡(活性炭相当)あり、その表面から出る-OH(水酸基)やO-(マイナスイオン)などが臭気の成分を分解し、無害化を続け臭気を消します。無光触媒エアリナは、酸化還元反応とリンの自然発火の原理で、光が無くても半永久的にこの作用を繰り返します。

Q.防汚効果は、どれくらいの汚れを防ぎますか?

汚れを除菌してから施工しますので、目に見えない汚れを分解し、汚れの蓄積を防ぎます。

Q.施工時間はどれくらいかかりますか?

広さや間取り、机や椅子などの家具の量にもよりますが、参考として100㎡の物件で施工後の乾燥までを含め、約2~3時間位が目安になります。